未分類新築リフォーム浴室トイレ床貼り天井・壁工事外構店舗オール電化・太陽光発電不動産設計建材などパソコン麺’Sクラブ軟水ファンその他外部工事コストコキッチン建具塗装
一級建築士と宅建を持つ大工です。親父とふたりで頑張ってます!
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.30 Mon
今日は朝から「花立の家」現場で施主&設計者の松崎君と照明位置確認。

電気屋さんも配線も終わりスイッチ類を取り付けるアウトレットボックスも付いてます。

なのでスイッチ高さやインターホンのモニター位置、給湯リモコンなど位置も確認。

また、3Fの壁からプラスターボードも貼っています。


午後は月末恒例の管理土地の集金やもろもろの入金作業。

夜は熊建労の「職人まつり」打ち上げと称して日吉・力合分会で飲み会です。
スポンサーサイト
2009.11.29 Sun
21-11-29-1.jpg
いよいよ12月目前!ってことで今日の休日は恒例のクリスマス飾りつけ!

21-11-29-2.jpg
今回は叔父さんに手伝ってもらったので早く終わりました。

今年は後で電飾を継ぎ足してパワーアップしようかな。




21-11-29-3.jpg
また、同級生の石川君が経営する飲食店「SEASON by とら」の立看板も製作。

「店内の写真を貼るだけの簡単なやつ」と前から頼まれていて

「早く造らなん造らなん・・・」と思っていたら、昨日留守電に催促の電話がかかってました・・・

21-11-29-4.jpg
で、こんな感じで造りました。
2009.11.28 Sat
21-11-28-1.jpg
今日は花立の新築現場です。

3階床が仕上がってましたので、早速キズや汚れが付かないように養生します。

今回はフロア材ではなく、なんと構造用合板が仕上がり。

松崎君の提案で自分も初めての仕上げです。



化粧面となるので下地で使用する桧合板から節の目立たない物を選別。

なのでコストはフロア材を使うよりかなり抑える事ができました。



ただし汚れ方はフロア材みたいに表面がクリア塗装でコーティングされている訳でもないので

日々の使用に伴う汚れ方に興味があります。
2009.11.27 Fri
21-11-27-1.jpg
今日は花立の家は父達に任せて設備屋さんから頼まれていた床下地工事。

便器交換の際にフローリングが腐食しているのでCFに変更します。




21-11-27-2.jpg
設備屋さんが便器を取り外しました。



21-11-27-3.jpg
便器のカタチにそって痛んでいるのが判ります。

この原因は「漏水」ではなくて「結露」らしいですよ。



やっぱりトイレの床は普通のフローリングではなく

ビニール系のCFか防水性機能のあるフローリングが良さそうですね。




21-11-27-5.jpg
既存フロアーをはがしてみると以前のCFの床がでてきました・・・

排水管も低かったので延長。

この上に構造用合板を貼って下地を造ります。



21-11-27-6.jpg
また、ドアの室内側表面がちょっと擦れて傷んでいたので補修。

21-11-27-7.jpg
CFを貼ってもらう前にチャチャっと貼ってもらいました。

21-11-27-9.jpg
ついでにノブも交換。

お年寄りがいらっしゃるので握り玉をレバーハンドルに。

21-11-27-8.jpg
おうちの方も綺麗になったと喜んでもらえました!


21-11-27-10.jpg
CFも綺麗に貼れました。

後で設備屋さんが便器を取り付けに来るでしょう。





21-11-27-11.jpg
お昼は現場が宇土だったので松橋のラーメン屋さん「やすきち」へ。

今日の朝からネットのランキングで見つけたお店なんですよ。

外観もオシャレなんですが、内装も細部に至るまでオシャレな空間でした。



21-11-27-12.jpg
ラーメンも「ごま塩ラーメン」と聞きなれないジャンルを注文。

ゴマの香りとともに透きとおったスープのラーメンが運ばれてきました。

れんげにのってるのはゆずごしょうです。


味は・・・コクがあるのにあっさりしたスープが最後の一滴まで飽きません。

麺も細麺で硬め好みの私にはグッドで、思わず替玉しちゃいました。

チャーシューも肉厚で炙ってあるので風味もクオリティ高いです。

からし高菜も置いてあり、文龍並に激辛でおいしいですよ。



いやー松橋でこんな美味しい店があったとは。

トンコツが苦手な人や女性には非常にウケるのでないでしょうか?

とんこつもあったのでこんどはとんこつを試さないと!





夕方は近所の美登里町へ父とリフォーム下見へ。

このお宅は高校の時の同級生の実家です。

県外にいる同級生も帰省していて久々の対面でしたよ。

おみやげもいっぱいもらって本当にありがとうございました!

花立の家もありますが、年内完了させると約束したので頑張ります!





2009.11.26 Thu
今日の花立の現場では施主兼設計の松崎君が現場にいらっしゃったので

午前中は板金屋さん・製作金物屋さんなどと打ち合わせ。

午後は建具屋さんと打ち合わせができました。



また、そろそろ床材の段取りをやっとこうと思い建材屋さんに連絡したところ

「すみません!その床材を仕入れていた業者が倒産して工場閉鎖になってしまいました!」

「えーー!!そちらには在庫は残ってるんですか!?」

「2坪しかないです!当然入荷の予定もありません!」

・・・結局事情を松崎君に説明し、急きょ床材を決める事に。

最近景気が悪いせいかこのような話はまわりでもあるようですよ。



中の工事は打ち合わせの合間を見て私は壁の断熱材の充填。

父と叔父は外部壁下地の細々と残っていた個所や

窓枠を製作取付作業を3階からやってました。
2009.11.25 Wed
21-11-25-1.jpg
今日は朝から孫代町で雨戸工事の残工事へ。

21-11-25-2.jpg
これですべての工事が完了です。

特殊な納まりでしたが、現場で加工し取付しましたよ。






21-11-25-3.jpg
午後は近所の白藤「池の辻団地」のお宅でソーラー温水器撤去。

21-11-25-4.jpg
3人で無事に降ろす事ができました。








21-11-25-5.jpg
また夕方には宇土の網田へ外構工事の進み具合を見てきました。

ブロックを積んで初めていったのですが、左官の中西君のおかげでバッチリです。


21-11-25-7.jpg
化粧ブロックが家との雰囲気も合って、

高さも高すぎず低すぎずちょうど良いようですね。



21-11-25-8.jpg
外構が出来てくると中の雰囲気もガラっと変わりました。


21-11-25-9.jpg
アプローチの仕上げをやってました。

コスト削減の為の秘策「生コンの洗い出し」を実施中。

乾き具合を見ながら洗い出してます。




21-11-25-10.jpg
こんな感じ。

コンクリート打ちっ放し仕上げとはまた違った表情になりますね。

ノンスリップ効果もありそうです。
2009.11.24 Tue
21-11-24-1.jpg
今日も花立の現場。

設備屋さんが屋内配管をやってます。

屋内配管も今日で完了のようです。



大工工事は外の耐水プラスターボード貼りもベランダ周りを残してほぼ完了し、

内部の壁下地工事へと移っていきます。



また、午後はリフォーム見積りの現場下見に行ってきました。

2009.11.23 Mon
21-11-23-1.jpg   21-11-23-2.jpg
今日は祝日「勤労感謝の日」ですけどお仕事です・・・

ユニットバスが設置されますのでその前に断熱材とプラスターボードを施工。

外部からの延焼防止の為に貼っていきます。





21-11-23-3.jpg
外部下地工事も垂木の間にガラスを入れ込む部分まできました。




21-11-23-4.jpg    21-11-23-5.jpg
ユニットバス屋さんも遅くまで頑張って仕上ていきましたよ。
2009.11.21 Sat
21-11-21-1.jpg
花立の家の外部工事中です。

私と叔父さんで耐水ボードと防水紙を貼って、父が胴縁を打ちつけてます。




21-11-21-2.jpg
胴縁は「通気胴縁」と言う溝があるものを使っています。

この溝の隙間から空気が抜けて通気させる仕組みに。



21-11-21-3.jpg
中では設備屋さんが配管作業をしてましたよ。
2009.11.20 Fri
今日も花立の新築現場です。

外部のシージングボード(耐水プラスター)を貼ってます。



午後からは造作建具および家具の打ち合せに家具屋さんがきました。

また、製作金物屋さんも階段とベランダの打ち合わせに。


それぞれ打ち合わせた内容を反映させた図面を提出してもらい、

設計者さんに確認をお願いします。
2009.11.19 Thu
今日も花立の家の外部下地工事。

東面2、3階から貼っていきます。




21-11-19-1.jpg
この建物の柱頭金物は設計者がN値計算とよばれる計算をして決定しています。

そもそも「柱頭金物」とは柱の土台や梁の取り付け部分に使用する金物で、

引き抜き力に所定の耐力の金物を取り付けることによって補強していきます。




「N値計算」をすると通常建築基準法上で必要な個所よりも少なくり、

ここの現場も金物の指示されている個所は通常より少ないです。

ですが、一応強度が増すように指示が無い個所も外部廻りには柱頭金物を設置しています。




21-11-19-2.jpg
使用しているのは株式会社カネシンの「エーステンプレートⅢ-ZM」。

告示でいう「は」の接合仕様ですが、短期接合引張り耐力は7.4kNと高く、

その上クラス「に」数値7.5と0.1しか変わりません。


また、厚みも0.6mmと薄くビスも面イチで納まりますので外部下地にも干渉しませし、

優れた耐食性の新素材「ZAM(R)」というメッキ鋼板を使用しています。





21-11-19-3.jpg
取付写真。

手前上の柱脚はホールダウン金物で強固に付いてますので柱脚金物はいりません。




21-11-19-4.jpg
また、お昼には先日の追突事故で人身事故になったので

調書を取るとの事で東警察署へ呼び出し。

警察では事故も大した事が無くケガもムチ打ち1週間と、

おそらく罰金が来る事は無いだろうとの見解。

ただし、点数は引かれますと言われガックシ・・・。







気を取り直し現場へ。

21-11-19-8.jpg
今日は電気屋さんも現場に入っています。

やはり3階建てとなると配線の数も多くなってきますね。




21-11-19-9.jpg
北面2、3階耐水石膏ボード貼り完了。


21-11-19-10.jpg
東面2、3階耐水石膏ボード貼りも完了。

後は1階廻り、南面、給湯器設置スペースやゴミ置場スペースなどです。




21-11-19-5.jpg
これなんだか解りますか?・・・おでん保温器の蓋です。

お店をやっている方から、久々に出してみたらこんな状態になってたそうです。

このままじゃさすがにお店に出せません。

最初は造り替えを言われたのですが、「削ってみます!」と預かってきました。




21-11-19-7.jpg   21-11-19-6.jpg
電気かんなやサンダーを使ってこんな感じ。

ここまで消すのに結構削りましたよーー。
2009.11.18 Wed
今日は早起きして事務所に5時ごろ着くとラジオから

「今の時間東京はあいにくの曇り空ですが、

各地では獅子座流星群が観測のピークを迎えています!」



これは見るしかないでしょう!と、外へ出て空を見上げ観測。

雲ひとつ無い天気で空気も澄んでいていっぱい星が見えます。

少しでも空が広いところへと、近くの田んぼが広がる場所へ。





すると、見れましたよ。流れ星。

それも30分で12個くらい!

ひさびさに見応えのある天文ショーでしたね。

思わず途中寝ている妻を起こしに戻っていっしょに観測させました・・・





刻々と夜が明ける空。

澄んだ空気。

遠くから聞こえるお寺の鐘の音。

いつもと違う朝がすごく気持ち良かったです。






そんな朝を向かえ花立の家新築工事現場へ。

天気が良くなったので外壁下地工事。

この「花立の家」は外壁にガルバニウム鋼板の小波板を縦に貼って仕上ます。

なので外部の延焼防止の為にシージングせっこうボード(耐水P.B)12.5㎜厚を下地に貼っていきます。

その前に筋交代わりに内壁側に構造用合板を取り付けた壁には、

後から断熱材が入らなくなるのでボードを貼る前に設置していきました。
21-11-18-.jpg
本当は内部側から施工したほうが確実に設置できるのですが、

瑕疵担保保険の躯体検査がありましたので先に構造用合板を取付無くてはいけなかったのです。

それに、断熱材はロックウール。

繊維系で雨水などにあたるとしばらく水分を含んでしまいます。

水分を含んだまま壁の中に密封してしまうと内部結露を起こすおそれがありますので、

外壁下地工事の時に入れてボードを貼り、防水シートを張っていこうと思います。
21-11-18-2.jpg


2009.11.17 Tue
21-11-17-1.jpg
今日は花立の現場では3階床下地ビス締付け。

根太が鋼材を使ってますので鉄板ビスで構造用合板を150mmピッチで固定していきます。




21-11-17-2.jpg
2階では父が天井下地を造っていってます。




21-11-17-3.jpg
ユニットバス屋さんも2階設置用の架台を取り付けに来ました。




今日は1日中あいにくの雨で外の作業はできませんでしたが、

明日には天気は回復するようなので、外部工事ができそうですね。
2009.11.16 Mon
21-11-16-1.jpg
朝、共同作業場へよってみると

左官の中西君が今日もサンプル造りに早くから励んでます。




21-11-16-2.jpg
花立の現場へ行く途中ハンズマンに寄ったので

以前修理に出していたGショックを受け取ってきました。




「GW-1610BJ」と言うタフソーラーなので電池交換不要と思っていたら、

ある日、止まったり動いたりしてて修理に出したら、

内部の蓄電池は消耗品なので定期的に交換しないいけないとの事。

永久的に時計あわせ、電池交換不要と思って買ったのに残念・・・

ま、愛着がありますのでずっとつかっていきますけどね。


21-11-16-3.jpg
修理に出してる間使用していたボッシュのハンマードリルのおまけの時計。

修理の期間中お世話になりました。




21-11-16-4-1.jpg
現場では1階部分の床工事です。


21-11-16-4.jpg
下地となる桧の構造用合板を貼っていきますので、

床下の掃除と束の固定、シロアリ予防薬の塗布を忘れずにやっておきます。



21-11-16-6.jpg
断熱材には「フクフォーム2型」。

根太のピッチに合わせて巾がカットしてあり、継手も加工してあるので施工も簡単です。



21-11-16-5.jpg
隙間なく施工していきました。

この現場は基礎高さが25センチしかなく、

後から潜るのは困難になりそうなので普段以上に気をつけて施工してます。
2009.11.15 Sun
21-11-15-4.jpg
今日は朝から福岡。

姉夫婦に誘われ「朝起き会」の「壮年の集い」という講演会に出席し、

6人の会員さんの体験談を聞いてきました。

苦労を乗り越えて来られた会員の方々のお話に元気をもらった気がします。







21-11-15-1.jpg
隣の国際センターでは大相撲の初日らしくいっぱい旗がたってます。

21-11-15-2.jpg   21-11-15-3.jpg
やぐらの上でタイコを叩く音が雰囲気を盛り上げてくれますね。

以前講演を聴きにきた時もこの時期で同じように大相撲があってましたよ。

その後はロフトで愛用している「ほぼ日手帳」の2010年版を購入して帰りました。


2009.11.14 Sat
今日は朝から集金廻りなどへ行ってから花立の家現場へ。


21-11-14-1.jpg
今日もサッシ枠取付作業をしていました。

図面どおり取り付けする個所と窓の見え方や納まりで

後からチェックしてもらう個所は仮固定していきます。




午後は私事ですが次女の七五三へ川尻神宮にお参りに行くので父に現場を任せました。

お昼は江津のばってんの湯内にある「ちゃーしゅー工房」。

21-11-14-2.jpg
「とんこつ」のほかにも「みそ」や「しお」等もあったようですがとりあえず「とんこつ」でしょう。

味は熊本ラーメンのニンニク風味を利かせないあっさりめのスープ。

ちょっとしょっぱかったですね。

21-11-14-3.jpg
時間別でいろいろなサービスもしているようでした。

12時すぎに行った私は「大盛り無料サービス」。

大盛りのようですが麺のボリューム的にはこれでちょうどいいのでは・・・。


ほかにも「みそ」や「しお」もこんど試したいですね。

2009.11.13 Fri
21-11-13-1.jpg
今日は朝から共同作業場へいってみると、何やらアートな感じの額が飾ってありました。

どうも左官の中西君の仕業らしいです。


こんど街中の店舗看板部分の壁工事をするらしく、

それの予行練習を兼ねたサンプル造りだそう。


あーでもない、こーでもないと試行錯誤で早朝から頑張ってます。




21-11-13-2.jpg
花立の現場ではサッシの取り付けをしています。

ユニットバスの工事屋さんとか設計施主や建材屋さんなどがそろったので、

現場での打ち合わせをしながらサッシ取付個所を確認・取付。



設計施主様は窓の配置1つでも細かい配慮で考えています。

私も最大限に希望に沿ったお手伝いができればと思っています。



21-11-13-4.jpg
白藤に帰る途中、内装屋さんのトラックコンテナが明かりがついていたのでよってみると、

中のクロス下地まで終わってて、あとはクロスを貼る状態になってました。


すでにトラックコンテナの中とは思えなくなってきてるのに、

クロスを貼るとまた一段と良くなるんでしょうね。楽しみです。


みんな頑張ってるんですね!
2009.11.12 Thu
21-11-12-1.jpg
今日は花立の家を1日空けて、孫代町で雨戸×2とシャッター×1と面格子×4の取付工事。

まずは部品の組立作業から。

ビスの種類も数種類になりますので間違えないように説明書を熟読して作業します。

子供の頃プラモデルやラジコンを造るのが大好きだったのでこういう作業は好きです。




21-11-12-2.jpg   21-11-12-3.jpg
組みあがった枠を現場へ持って上がり取付。

採寸どおりきちっと納まりました。


21-11-12-4.jpg   21-11-12-5.jpg   21-11-12-13.jpg
完成写真。


21-11-12-6.jpg  →  21-11-12-7.jpg
21-11-12-8.jpg   →   21-11-12-9.jpg
面格子も取付OK。


21-11-12-10.jpg
防犯の為ビスの頭を潰しておきました。


21-11-12-11.jpg   →   21-11-12-12.jpg
玄関にもチェーンが欲しいとの事でしたので、取付。

この引戸用チェーン。

ドア用はあるのですが、引戸用はなかなかありそうでないんですよ。




雨戸、シャッター、面格子取付リフォームもお任せ下さい!
--------------------
ホーム・クラフト 
熊本県熊本市白藤4-4-1
電話096-357-4860
--------------------


2009.11.11 Wed
今日は花立の家で夕方から瑕疵保険の躯体・金物検査があります。

なので耐力壁や構造金物の最終チェックをしていました。



1,2階の耐力壁は筋交なので筋交を入れて金物取付でいいのですが、

3階部分は構造用合板を面張りするので、

朝から施主の奥様に窓の高さをチェックしてもらい合板を貼っていきます。



21-11-11-1.jpg
お昼は近所にある「拉麺劉」へ。

看板に「熊本ラーメン」と書いてあったのですがたしかにスープは熊本!って感じの味。

最近は博多系や久留米系のお店を廻っていたので久々に熊本の味に触れた気がします。

丁寧に作られた一杯は県外の人にもおすすめ出来るおいしいお店でした。




夕方には瑕疵保険の躯体検査も無事終わりましたよ。

これで外部周りの工事に着手していけます。
2009.11.10 Tue
今日は白藤の近所のお宅で床リフォームです。

あいにくの雨ですが、テラスがあったのでなんとか作業ができました。



21-11-10-2.jpg
築36年のお宅で床に複合フローリングが貼ってあり、

ところどころがブカブカしていました。



21-11-10-1.jpg
そこで今回使用するのは東洋テックス社の「耐水・床暖最適フローリングAA-2」。


リフォームに良く使うのですが、

UV表面塗装が10回もしてあって表面は非常に強靭な仕上になってます。


通常フローリングを施工する時に「さね」と呼ばれる継手をはめこんで貼っていきます。

その際にフローリングのさねを傷つけないように「あて木」をあて金槌で叩いていく作業をしますが、

このフローリングの切れ端をあて木にして叩いていた感触から普通のフローリングと違います。


普通のフローリングでは思いっきり叩いていくと表面がエグれてバラバラになっていきますが、

このフローリングは表面に金槌跡が若干つく程度。

音もカーンとした硬木を叩いた音なので表面の硬さが判ります。


メーカーのうたい文句として、

・「強靭な塗膜で耐キャスター、車椅子もOK」もうなづけます。

また、耐水性があり「さね」部分にコーリング処理をする事で、

水をこぼしても絶対にシミにならないそうです。

名前のとおり床暖房の仕上材としても使用OK。



と、良いことづくめのようですがネットで情報を検索してみると、

表面のコーティングが強固な為?によるトラブル事例もあるようでした。



表面のコーティング部分から水分が抜けない分、下地の水分も抜けないので、

下地の状態もシビアにチェックしないといけないようです。

梱包のダンボールにも「下地の水分12%以下」と目立つように書いてありますもんね。


21-11-10-2.jpg施工前     21-11-10-3.jpg施工後

既存床の上から二重貼りしましたので頑丈になり雰囲気も明るくなりました。


21-11-10-4.jpg施工前    21-11-10-5.jpg施工後

表面はフリーワックスでメンテナンスもラクそうですよ。

溝の巾も10センチほどありますので豪華に見えますが、

お値段も他のメーカーの機能付(耐水・耐磨耗)フロアよりお徳でしたよ。





フロアリフォームもお任せ下さい!
--------------------
ホーム・クラフト 
熊本県熊本市白藤4-4-1
電話096-357-4860
--------------------




2009.11.09 Mon
今日は「花立の家」新築工事現場でした。


この家は同級生の建築士の自宅で要所にこだわりがある「家」。


施主である本人が細かく図面を引いて指示し、

鉄骨や家具などは造っていくのです。


で、ベランダにも鉄骨を使用しますので現場打ち合せに製作金物屋さんが来ました。


正直、私は今までの新築で鉄骨や製作金物と

木材が細かく組み合ったこういう現場は初めてで、

非常に勉強になり、面白くて、出来上がりが本当にワクワクします。





2009.11.08 Sun
21-11-8-1.jpg
今日は刈草公園で熊建労の西部支部職人まつりの日です。

わたしは実行委員に選ばれてましたので朝7時からお手伝い。

21-11-8-2.jpg
ステージやテント張りなどをみんなでやりました。

普段から物づくりのプロ達だけあって、

非常に段取り良く作業が進んでましたよ。



21-11-8-3.jpg
河内から太鼓の披露があったり、


21-11-8-4.jpg
棟上&持ち投げ。


21-11-8-5.jpg
綱引きなどのミニ競技。


21-11-8-6.jpg
最後には抽選会もありました。

私の妻も電気式湯たんぽをゲットしました!

また、途中2回のビンゴ大会もあったんですよ!




21-11-8-7.jpg
一人当たり500円の食券をもらえて充実した一日を送る事ができました。

組合員だけでなく一般の人たちも食券などもらえ参加できますので、

ふつうの祭りよりかなりお得なイベントです。

ちいさい子供は持ち投げなんて大喜び。

毎年やってますので要チェックですよ。

2009.11.07 Sat
21-11-7.jpg   21-11-7-1.jpg
今日も金物取付作業です。



21-11-7-2.jpg
父は筋交や床下地を貼っていってます。



21-11-7-3.jpg
板金屋さんも折り曲げ作業。


21-11-7-4.jpg   21-11-7-5.jpg
たてハゼ部分は専用の道具を使って折り曲げてました。

棟部分を残して屋根工事は完了したようです。
2009.11.06 Fri
21-11-6-1.jpg
今日から屋根工事が始まりました。

屋根勾配が6寸とちょっと急なので屋根足場も組んでいきます。




私は構造金物の取付作業です。
21-11-6-2.jpg
ホールダウン金物。

以前は柱部分はボルト接合になってましたが、

今はビス接合が主流になっているようです。



21-11-6-3.jpg
これもホールダウン金物。

ただし10kN以下の荷重がかかるヵ所のみに使用。




21-11-6-4.jpg
すじかい金物。

これも以前からありましたが、

柱と筋交と桁(土台)天端にビス取付でしたが、

現在は柱と筋交のみの接合になってます。




21-11-6-5.jpg
ビスも前は+頭でしたが四角穴になってます。

この四角ビット大きさも3種類ありまして

これらの金物には#3の大きさを使います。

ちなみに私が持ってたのは#2。

1つ小さい大きさでしたがなんとか締め付けできましたよ。



21-11-6-6.jpg 21-11-6-7.jpg 21-11-6-8.jpg
金物を取り付けているあいだ屋根工事もちゃくちゃくと進んでいて、

細かい作業をのこして材料は全部取付できたようです。

板金屋根工事は早いですねーー。
2009.11.05 Thu
今日は朝から事務所で見積り。

その後、網田へ見積りを持っていったついでに外構工事現場をみてきました。
21-11-5-1.jpg
綺麗にブロックが積んであり、中央の階段は掘り出した石で造ってありましたよ!


21-11-5-2.jpg
表では左官の中西君が作業中。

ミニユンボで大きい石をつってますので、

転倒しないように気をつけて下さいね。



21-11-5-4.jpg
お昼からは花立の現場へ。

父が筋交いや間柱取付け作業をしてました。

21-11-5-3.jpg
3階部分の床根太の取付も完了です。
2009.11.04 Wed
21-11-4-1.jpg
今日は残りのホームコネクターに注入していきます。

場所によっては写真のL型のアダプターを使っていきます。


21-11-4-2.jpg
しかしこのアダプター、力の入れ具合ではすぐ外れるので要領がいります。


21-11-4-3.jpg   21-11-4-4.jpg
こういう箇所ならやり易いんですけどね。

21-11-4-5.jpg
注入後は枝管の本数を数えたり、接着剤の使用本数を調べたりチェックが必要です。

万が一、注入不良があったら大変な事になりますから・・・


2009.11.03 Tue
21-11-3-2.jpg
今日は棟部分の野地板を貼らないといけないので、

棟部分のホームコネクターのみ接着剤を注入しておきます。

拝み合わせた部分にははみ出し防止の為にガムテープで養生。
21-11-3-3.jpg
これで準備オーケー。

21-11-3-4.jpg
で、早速注入開始!


21-11-3-5.jpg
注入管の横から接着剤があふれてきたら注入完了です。

結構簡単ですが、1カ所につき30回ほどレバーを引かなくてはいけません。

少々腕がきついです・・・


21-11-3-7.jpg
通気層。


21-11-3-8.jpg
注入管。

21-11-3-6.jpg
屋根もなんとか終わらせる事ができてほっとしました。
2009.11.02 Mon
21-11-2-1.jpg
さぁ屋根工事再開です!

半分までで止まっていたもう半分の垂木を取付けていきます。



21-11-2-2.jpg
天井は貼らず垂木はあらわしになりますので、

一本一本丁寧に拝み合わせて取付けます。



21-11-2-3.jpg
なかなかはかどらなくて、最後の方でやっと要領をつかんだ感じです・・・


21-11-2-4.jpg
垂木の天端には野地板と一体となるように、

接着強度に定評のあるペンギンセメントを使用。



21-11-2-5.jpg
野地板の留め付けはN50の太め釘を使い、

21-11-2-7.jpg
ピッチは150mm以下で取付けます。



21-11-2-6.jpg
そしてネオマフォームを敷き断熱層とし、

その上から30×45の垂木を取付て通気層。

さらに野地板を貼って二重垂木構造とします。

21-11-3-1.jpg
照明の電線も忘れないように入れておかないとね。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。